imag.jpg

上半期教育活動等アンケートから次の取組へ

 先月、9月末までの教育活動等についてアンケートをとらせていただきました。結果は10月の職員会議等で分析し、下半期の教育活動に反映させています。たくさんいただいたコメントについても職員で検討させていただきました。直すべきところは直し、おほめいただいたことはエネルギーにして、すぐ取り組めるところから改善させていただきます。ご協力ありがとうございました。

90周年記念式典開催~皆様に感謝!!

 11月11日(日)10時より、本校体育館において、多くの来賓の皆様にご臨席いただき、開校90周年の記念式典が行われました。合唱部が「ハナミズキ」でお客様をお迎えし、記念のDVDをご覧いただいたあと戸塚協賛会副会長のことばで開式、式辞に続いて山田協賛会長にご挨拶をいただきました。その後、歴代校長や歴代PTA会長、ふれあいパトロール、交連協稲田支部、生涯学習推進委員会、図書ボランティアに感謝状をおくり、米沢市長・佐々木市議会副議長・嶋﨑教育長から祝辞をいただきました。小泉児童会会長の挨拶のあとは全校合唱「よろこびの歌」、そして吹奏楽部の「ハナミズキ」でお客様をお送りしました。参列していただいた方からは「よい式典だった」「児童の歌がよかった」等々たくさんのおほめの言葉をいただきました。
協賛会役員の皆様、お手伝いいただいたPTAの皆様、早朝より本当にありがとうございました。「神対応」という言葉が聞こえるほど、すばらしいお心づかいと連携プレーに心から感謝・感激しています。

もう一つ上の自分へ~開校90周年記念学習発表会大成功!

 10月19日金曜日、本校体育館において開校90周年記念の学習発表会が行われました。多数のご来賓・保護者・地域の皆様にご来校いただきましたことにお礼申し上げます。子どもたちはもう一つ上の自分をめざして練習を重ね、自分の最大の力を発揮してくれました。どの発表にも「よりよく生きるには」というメッセージが感じられましたが、演じる子どもたちの心の奥深くに残ってくれるとよいなと思います。
また、開校90周年記念ということで、稲田小学校の歴史や伝統への喜びと誇りも感じられる発表でした。記念テーマ・ロゴマークの表彰式や記念DVDの上映もでき、90周年への思いも新たに膨らんだ一日となりました。学習発表会にむけたご家庭のご支援に感謝いたします。

稲田っ子に付けたい学力その2~基礎・基本の定着

全国学力・学習状況調査の全国的な分析結果や傾向等は、新聞報道等でもご存知のことと思いますが、過日帯広市の分析結果についても公表されました。本校におきましても「学力向上会議」を開き、全職員で分析を進めており、習熟度別少人数指導などの個に応じた指導や家庭での学習習慣等に手ごたえを感じているところです。

学校大好き!~全校道徳で育む稲田愛・稲田魂

  9月25日(火)、本校体育館において開校90周年の歴史を振り返る全校道徳が行われました。授業のテーマは「稲田小学校のために、自分が今、大切にしたいことを考えよう」とし、下記のプログラムに沿って一人一人が「学校のよさ」と「これからの自分」について考えました。校長の話では先人の不屈のチャレンジ精神を「稲田魂」と呼び、それぞれの「稲田魂」を育ててほしいと話しました。
 学校やふるさとを愛する気持ちを高めることは自分や自分の周りの人を大切にする心を育てます。自分自身に誇りをもって、「学校大好き」「友達大好き」「自分大好き」な稲田っ子になってほしいと思います。
全校道徳プログラム
❶稲田小学校90年の歴史クイズ(全問正解で稲田小博士に認定です!)
❷先輩にきく!(ゲストは豊成小 鴨川顕治先生。笠谷先生とともに稲田小の思い出や児童へのメッセージを話していただきました。)
❸稲田小学校への思いをこめて(全校児童が詩を作り、各学年の代表が1名ずつ発表しました。)
❹稲田小学校の好きな○○アンケート(好きな教室やよく見る動物など、アンケートによるランキング発表)
❺全校合唱(記念日~希望のバトン~を全校児童が美しく歌い上げました) 
❻校長先生の話 
❼各教室で振り返り(自分が今、大切にしたいことを一人一人が考えました)

災害に強い学校になるために

 9月6日(木)未明の北海道胆振東部大震災では、ご自身はもとよりご家族やご親戚、知人の方々が被害に遭われた方もたくさんいらっしゃることと思います。改めまして、心よりお見舞いを申し上げます。また、2日間の臨時休校や給食の献立変更などにご理解・ご協力をいただきありがとうございます。学校は停電以外大きな被害はありませんでしたが、各ご家庭はいかがでしたか。なにより、子どもたちはとても怖い思いをしたことと思います。だんだん日常がもどってきていますが、学校では今回の震災を契機に見直すところや備えることを話し合っています。本校は子どもたちの命を守り、地域の防災ステーションになれるような「災害に強い学校」を目指します。そのためにも、今回の学校の対応にご意見等ありましたら、遠慮なくお聞かせください。
 なお、今回は安全ネットワークを連絡に活用させていただきましたが、もしも、インターネットが使えないような状況のときは、「ラジオ」や「貼り紙」等での情報伝達もありますので、ご承知おきください。また、現在、学校では教育活動に支障をきたさない範囲での節電にも心掛けています。少年団・地域開放で校舎をご使用の際も、できる限りのご協力をお願いいたします。
 そんなおり、4年生は9月12日(水)に第26回地域防災訓練(宮坂建設工業主催)に参加させていただくことができました。これは2003年の十勝沖地震を機に地域の防災力を高めようと、毎年実施されているものです。子どもたちは消火訓練(バケツリレー、水消火器)、煙体験、炊き出し訓練をしたり、地震体験車に試乗したり、がれき救出訓練を見学したりして、五感を働かせながら緊張感をもって訓練に臨みました。現実に起こらないことを願うばかりですが、心の備えだけはしっかりしておきたいと思います。

また成長を遂げました~6年生修学旅行

 8月28日~29日、6年生は下記のような日程で修学旅行にでかけました。自分で考えて判断する場面や、友達と協力し合う場面がたくさんありましたが、どれも立派に乗り越え、ルールやマナーを守ったすばらしい旅行に
なりました。日頃からの落ち着いた生活態度が公の場でも発揮できたことと新たな経験を重ねて、さらに成長を遂げたことを嬉しく思います。旅行の準備や体調管理などの、ご家庭の協力に心よりお礼申し上げます。

【1日目】出発→テレビ塔から自主研修→ホテル入館・バイキング→プール・温泉
【2日目】大倉山ロープウェ―→焼肉バイキング→青少年科学館→帰校

実りの秋にむけて~2学期スタート!!

 本日より2学期が始まります。子どもたちは25日間の夏休みを楽しく過ごせたでしょうか?たいへん暑い日もありましたが、体調など崩すことなく新学期を迎えていることを願っています。
 さて、2学期は1年で最も長い学期です。今年は88日間(6年生は87日間)を予定しています。大きな行事は10月19日(金)の学習発表会と11月11日(日)の開校90周年記念式典です。また、6年生は8月28日から修学旅行に出かけます。行事は大きな力をつけてくれますが、それだけに追われることなく、日々の授業や生活を着実に積み上げて学力・体力そして豊かな心を育ててほしいと思っています。
 学校としての2学期の目標はたくさんありますが、まず、各地で災害や事件・事故が起きていることから、喫緊の課題として「身を守る力を育てる」ことをあげたいと思います。また、1学期に引き続き「あいさつ」からコミュニケーション力を高め、主体的に人とかかわり、対話を楽しむ子どもたちを育てたいと考えます。
保護者の皆様、地域の皆様、豊かな実りの秋を迎えられるよう今学期もご支援をよろしくお願いいたします。

1学期終了~一人一人が大きく成長!

 本日7月25日をもって74日間の1学期の授業が終了いたしました。この間、子どもたちは、学習はもちろんのこと、運動会をはじめとする様々な学校行事や各学年の活動等に一生懸命取り組んできました。おかげで学力・体力、すべてが4月当初にくらべて大きく伸び、優しい気持ちやがんばる気持ちも一回り大きくなっています。本日お渡しするあゆみは子どもたちの1学期の足跡ですので、お話ししながら一緒にごらんください。子どもたちの学びをご支援いただいたご家庭・地域の皆様にお礼申しあげます。
 夏休みはお子さんをご家庭・地域にお返しするときです。お子さんと過ごす時間も多くなると思いますので、「こんなことができるようになった」ということを見つけ、ほめてあげてください。夏休みは、健康・安全を第一に過ごし、一人一人が立てた計画をもとに、充実した生活をしてほしいと願います。

雨でも大盛況!稲田っ子夏まつり

 7月7日(土)、雨天のために屋内で「稲田っ子夏まつり」を開催しました。参加申し込み(子ども)は535名もありました。オープニングセレモニーでは、合唱部・吹奏楽部の発表や、ジバサンダーのショーがあり、90周年のお祝い気分が一気に盛り上がりました。各コーナーを運営していただいたPTAや地域の皆さん、本当にありがとうございます。子どもたちの笑顔が学校中に広がった一日でした。

情報化社会における大人の責任

 6月11日(月)、5・6年生はNPO法人お助けネット代表の中谷通恵氏を講師に「大切な人と話そう~ゲームやネットの使い方」という学習をしました。ネットで気持ちを伝えることの難しさを知り、「気持ちを伝えるときは会って話す」「ネット上には写真・動画を送らない」「ネットで知り合った人と絶対に会わない」などを学びました。また、同日夜には、中谷氏を講師にPTA社会部主催の講演会「スマホ社会の子どもたち、その現実と対応」が行われました。子どもの心の発達や子育てのコツ、学力との関係など様々な視点からお話しいただき、将来子どもたちが「ネット社会を健康に生きられる力」をつけることを目標に、どのように子どもたちと対話をしてルールを決めていくかをご指南いただきました。WHOで「ゲーム障害」が病気と認定されましたが、ネットで健康を害したり、犯罪に巻き込まれたりする子どもが非常に多いのが現状です。ゲームやネットなどのメディアと適切な距離で付き合う力がつくまで、与える大人が責任をもちたいと考えます。

好天のもと90周年記念大運動会大成功!

 6月3日(日)、好天に恵まれ、記念すべき第90回大運動会を実施することができました。PTA役員さんやとっと倶楽部の皆さんによる前々日の会場準備、前日の席とり運営、当日の交通整理等のご尽力に心よりお礼申しあげます。金曜日までの雨によりグラウンド状況が心配されましたが、帯広市教育員会からもご支援いただきなんとか整備することができました。また、今年は帯広北高校からテントをお借りしました。おかげで全校児童が競技中以外は日影で休むことができました。学校がたくさんの皆さんに支えられていることを改めて実感した運動会でした。ご観覧いただいた保護者・地域の皆さん、子どもたちを一日応援してくださってありがとうございます。お子さんの成長を感じ、ひたむきにがんばる姿に胸を熱くしていただけたのではないかと思います。また、リレーのアンカーの最後のチームがゴールしたときなど、会場の皆さんから自然に拍手をいただき、とても嬉しくなりました。会場との一体感を感じた一コマでした。運動会に限らず、家庭・地域の皆さんの励ましは学校にとって大きな力になります。今後とも変わらぬご支援・ご協力をお願いいたします。

ほかの色には負けないぞ!応援団長の決意

 5月30日(水)、好天に恵まれ、無事、運動会の総練習を実施することができました。たくさんの応援ありがとうございました。反省をもとに修正し、よりすばらしい運動会にしていきたいと思います。たくさんある見どころの中でも、開会式に全校児童で歌う「運動会の歌」はわくわく感を増すとても楽しい場面だと思っています。各色ともこの歌に励まされ、6年生のリーダーシップのもとで、勝利をめざしてがんばっています。

90周年記念大運動会近づく!

 運動会まであと1週間余りとなり、保護者の皆さんには本日お手元にプログラムが届いたと思います。子どもたちが考えた今年のテーマは「燃えろ 苦闘の末に 優勝だ!」です。90(くとう)周年を意識した力強いテーマになりました。また、各競技にも周年を意識した内容が盛り込まれています。さらに、午前の部最後には90周年のバルーン・セレモニーが予定されています。これは90周年記念事業の一環として行われるもので全児童が風船を大空に飛ばします。どうぞ、お楽しみに!

爽やかな五月の空のもとで遠足実施!

 5月11日(金)、爽やかな気候に恵まれ、遠足を行うことができました。昨年度は予備日も雨天だったため、2年ぶりの実施となります。
 リュックサックを背負い、朝からウキウキしていた子どもたち。「行ってきまーす」と児童玄関を出発し、張り切って目的地を目指しました。クラスで遊んだり、学年で遊んだり、おやつを食べたり・・どのシーンも喜びにあふれていましたがなんといっても一番いい顔をしていたのはお弁当の時間だったかもしれません。
 遠足の準備、お弁当作り等にご協力いただきありがとうございました。今年度はじめての学校行事を無事終えることができました。

ご来校 ありがとうございました

 4月21日(土)の全校参観日に多数ご来校いただき、ありがとうございました。入学・進級してから2週間たったお子さんの姿はいかがでしたか?落ち着いて話を聞き、意欲的に手を挙げる様子に、新学期にかける子どもたちのやる気とがんばりを感じていただけたのではないでしょうか。
 また、PTA総会にも多数ご参加いただきありがとうございました。議事も順調に可決され、新役員も決まりました。90周年にむけた大切な年、役員さんのリーダーシップのもと、学校と家庭・地域が「いっぽん」(H30経営の重点)になって進んでいきたいものです。今年度の教育活動へも、変わらぬご理解とご協力をいただけますようお願い申し上げます。

「はじめて」がいっぱい

 9日に始業式・入学式を行ってから1週間がたちました。この間1年生には「集団下校」「歩行教室」「身体測定」など、たくさんのはじめてがありました。そして、昨日はついにはじめての「給食」。中学3年生につながる九年間がゆっくりスタートしました。
 はじめてがいっぱいなのは1年生だけではありません。1年生の教室にいって面倒をみる六年生も、実は「はじめてのお世話」なのです。新しい教科書、新しい友達、新しい先生・・すべての学年のすべての児童が新しい学年でたくさんの「はじめて」を経験した1週間でした。緊張もあると思いますので、ご家庭ではたくさん話を聞いてあげて、お子さんのがんばりをほめてあげてください。

春薫る稲田の杜に入学・進級の喜びに満ちて

~開校90周年を迎える年が始まる~

 
 しばらく溶けないのではないかと思われたほどの雪山もいつの間にか姿を消し、学校に土と草の香りがもどってまいりました。稲田の杜でも新しい命の営みが力強く感じられます。
 本日4月9日、かわいい96名の新1年生を迎えて平成30年度 稲田小学校の教育活動がはじまりました。お子様の入学・進級を心よりお喜び申し上げます。
 今日現在の児童は543人です。52名の職員が一つになってお子様の健やかな成長のために、全力を尽くすつもりでおります。
 また、今年は開校90周年を迎える節目の年で、11月11日(日)には記念式典も予定されています。この一年は改めて本校の歴史と伝統を確認し、学校を愛する気持ちを高めることで、自分自身を大切に思う気持ちや誇りにつなげたいと考えます。ご家庭・地域の皆様にはこれまで以上にご支援を賜る年になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

image.gif

学校だより「稲田の子」をPDF版でご覧になれます。

閲覧にはAdobe Readerのダウンロードが必要です。