PTAによる放課後見守り活動スタート!  

 7月1日から、PTAによる下校時の見守り活動が始まりました。これは今年度からの新しい取組であり、小原PTA会長の新体制による初めての活動になります。交通量が多い本校校区における下校の様子を保護者の皆さんと一緒に考えるとてもよい機会になると思います。以下に保護者の皆さんの感想を掲載いたします。
■増進会前は交通量が多めでスピードがあり、やはり危険な交差点だと感じました。
■学校周辺の道路が50キロ規制なので、危険だと感じました。(増進会前は)黄リボン
・青リボンコース両側で見守りができればよいと思いましたがそうすると4人必要?
■子どもたちは大きな声で挨拶を返してくれて、元気いっぱいでした。
■気温が高かったので、マスクが暑くて、登下校時の体調が心配です。具合が悪くなっ
た時の対処法を教える必要があると思いました。(日陰で休むなど)
■青になってもすぐ渡らず、確認してから渡る子が多く、挨拶もしっかりできています。
保護者の皆さんの目線からこのように情報をいただけることを大変ありがたく思います。
児童への指導に役立てていきますので、これからもたくさんの声をお寄せください。

稲田の杜は青々と~森林出前授業

 6月11日、5年生は総合的な学習の時間の「稲田の杜を調べよう」で、森林教室の出前授業を受けました。講師は日本森林林業振興会札幌支部帯広支所の阿部所長と松原さん。お二人は、毎年5年生に「稲田の杜」の樹木や生物について教えてくれています。杜にはカシワ・ミズナラ・マツ・
 カエデ・クワ・サクラ・イチイなど20種類以上の天然木があるそうで、一つ一つの葉っぱの違い、木肌の色や手触りなど、図鑑を片手にお話を聞きながら青々とした繁みを探索しました。

リスタート!~学校ならではの学びを保障するために

 5月18日(月)から分散登校が始まりました。初日はマスク忘れ0(ゼロ)で、友達との距離の取り方にもご家庭の指導が感じられました。休み時間の過ごし方など、制約が多い中ですが、感染防止に注意を払いながら学校生活を送っています。今週は給食も食べることができました。ご家庭のご協力にお礼申しあげます。子どもたちの声が響くと、学校が生き返ったような気がします。ウィルスとともに生きる、新たな様式の学校生活を進めていきます。

分散登校実施~Withコロナの新しい生活始まる 

 5月18日(月)から分散登校が始まりました。初日はマスク忘れ0(ゼロ)で、友達との距離の取り方にもご家庭の指導が感じられました。休み時間の過ごし方など、制約が多い中ですが、感染防止に注意を払いながら学校生活を送っています。今週は給食も食べることができました。ご家庭のご協力にお礼申しあげます。子どもたちの声が響くと、学校が生き返ったような気がします。ウィルスとともに生きる、新たな様式の学校生活を進めていきます。

だいすきだから・・休校期間延期

 たくさんの制約の中でのGWでした。子どもたちにとっても、行きたいところにも行けず、会いたい人にも会えず、思い切り体を動かすこともできない日々だったと思います。自由にならないことへのストレスや感染への恐怖心など、子どもたちの心が非常に心配されます。
 そんな中で、臨時休業の期間が延期されました。学校生活の中では、大好きな人の命を守るために、「だいすきだから はなれよう」と呼びかけ、距離を保たせていましたが、さらに長い期間での取組が必要となりました。ご家族の苦労もお察ししますが、もう少しの間、気を緩めず、3密を防ぎ人との距離を保ってほしいと思います。
 新しい教科書を使って前に進むための新たな課題をお届けします。再開の日まで、心身の健康が保たれることを心から願っています。

1年生になる

 始業式・入学式を行ってから10日あまりたちました。この間、1年生は「集団下校」「歩行教室」「身体測定」など、たくさんの経験を重ねました。一つ一つの「はじめて」を乗り越えて、立派な1年生になっていきます。15日には「給食」もはじまり、中学3年生までつながる9年間がゆっくりとスタートしました。

入学・進級おめでとうございます 

 春風の匂いに誘われて、小鳥のさえずりが稲田の杜にこだましています。木々の枝には固く艶やかな新芽が芽吹き、いつもと違う春でも、いつものように命の営みが感じられることを嬉しく思います。
 本日4月8日、かわいい98名の新1年生を迎えて令和2年度 稲田小学校の教育活動がはじまりました。お子様の入学・進級を心よりお喜び申し上げます。本日は新型コロナウィルス感染症の対応により、入学式の参列を保護者1名のみにし、在校生の参加も控えました。皆でお祝いできなかったことにお詫び申しあげます。
 4月1日現在の児童は565人です。55名の職員が一つになってお子様の健やかな成長のために、全力を尽くすつもりでおります。さらにご家庭・地域の皆様と力を合わせ、ふるさとや学校を愛する気持ちを高めることで、自分自身を大切に思う気持ちや誇りにつなげたいと考えております。今年度のスローガンを「言葉でつながる 稲田いっぽん」としました。本校の教育に対するご理解とご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
 また、このたびの人事異動で17名の教職員が転出・退職し、15名の教職員が着任いたしました。転入職員につきましては本日発行の第2号でご紹介させていただきます。

学校だより「稲田の子」をPDF版でご覧になれます。

閲覧にはAdobe Readerのダウンロードが必要です。